HOME > 令和2年 第26回 古今伝授の里短歌大会 作品募集

令和元年 第26回 古今伝授の里短歌大会 募集要項をよくお読みになって投稿下さい。

令和2年 第26回 古今伝授の里短歌大会 作品募集

短歌大会

期日

  • 令和2年10月25日(月)13:00~16:00(終了予定)


■ 会場

  • 古今伝授の里フィールドミュージアム 短歌の里交流館よぶこどり
  • (岐阜県郡上市大和町牧912番地1)


■ 内容

  • 表彰、講演、選評 他


■ 講演

  • 講師 内藤明氏(早稲田大学教授、「音」発行人)
  • 演題 「和歌と日本人・短歌と人間」
  • <内藤明氏略歴>
  • 1954年東京生まれ.早稲田大学第一文学部、同大学院で日本文学を学ぶ。定時制高校教諭、短大助教授を経て現職。歌集に『斧と勾玉』(寺山修司短歌賞)、『虚空の橋』(牧水賞・佐藤佐太郎賞)、『薄明の窓』(迢空賞)、書著に『うたの生成・歌のゆくえ』ほか


■ 入場無料

■ 交通のご案内

  • 【車でお越しの方】
  • 東海北陸自動車道ぎふ大和ICから約7分

  • 【鉄道でお越しの方】
  • JR岐阜駅からJR高山本線に乗り換え「美濃太田」駅下車。長良川鉄道に乗り換え、「徳永」駅からタクシー約5分。
  • ※ 大会当日に限り、徳永駅から会場までの無料送迎をします。事前に申し込みが必要です。投稿用紙の「交通案内を希望する」に〇をつけていただければ、9月上旬頃に、申し込み用紙を兼ねた詳しい案内を送ります。
  • ※ 長良川鉄道は、清流長良川に沿って北上する旅情溢れる路線です。豪華列車「ながら」も運行中。詳しくは長良川鉄道株式会社ホームページにてご確認ください。

  • 【岐阜駅からの無料送迎バス】
  • 大会当日に限り、岐阜駅からの無料送迎バスを運行します。座席数の都合上、事前に申し込みが必要です。投稿用紙の「交通案内を希望する」に〇をつけていただければ、9月上旬頃に、申し込み用紙を兼ねた詳しい案内を送ります。


■ 主催(共催)

  • 古今伝授の里短歌大会実行委員会、古今伝授の里フィールドミュージアム


■ 後援

  • 中部日本歌人会、岐阜県歌人クラブ、角川『短歌』、短歌研究社、郡上市、郡上市教育委員会、愛知県蒲郡市教育委員会、富山県高岡市教育委員会、郡上市文化協会、大和町文化協会、(一社)郡上市観光連盟


■ 協賛

  • (一社)郡上市観光連盟、明宝ハム、明宝レディース、道の駅古今伝授の里やまと・やまと温泉やすらぎ館、合資会社平野醸造、母袋工房


■ 新型コロナウイルス感染症にかかる措置について

  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、今後の状況によっては、令和2年10月25日の短歌大会の開催を中止することがあります。
  • 短歌大会が中止の場合でも、選考を行い、入賞作品集を刊行し、投稿者全員に送ります。なお、短歌大会を中止する場合は、すみやかに、古今伝授の里フィールドミュージアムのホームページに掲載しますし、投稿くださった方には通知を送ります。


■ 投稿作品

  • ①自由題の部=自由な感性による歌
  • ②ペア短歌(贈答歌)の部=二人一組の歌。投稿時には相手との間柄を記載してください。表彰は二人とも行います。入賞作品集には二人の間柄と氏名を掲載します。


■ 投稿時の注意事項

  • ・自作で未発表の作品に限ります。類似作品は入賞を取り消します。
  • ・二重投稿や盗作等が発覚した場合は、入賞発表後であっても入賞を取り消します。
  • ・投稿後の作品の訂正や差し替えはできません。
  • ・原稿は返却しませんので、必要な方は控えをお取りください。
  • ・投稿用紙に記入された個人情報は、大会運営以外には利用しません。
  • ・入賞者の作品、氏名、住所(市区町村まで)、ペア短歌の場合は相手との間柄、相手の氏名も、投稿用紙に記載された内容で、入賞作品集に掲載します。
  • ・入賞者は報道機関や関係者に公表しますのでご了承ください。
  • ・ペンネームが書かれている場合は、ペンネームを入賞作品集に掲載したり、報道機関等に公表したりします。
  • ・入賞作品は主催者・郡上市が利用することがあります。
  • ・投稿料の領収書は発行しません。投稿料はいかなる理由でも返金しません。

■ 投稿枚数・投稿方法

  • 1人あたり投稿用紙3枚まで投稿できます。投稿フォームもしくは、ダウンロードした投稿用紙にて投稿してください。
  • ・1部門だけでも投稿できます。
  • ・投稿フォームから投稿される方は、1人あたり3回まで投稿できます。4回以上の投稿の場合、1・2・3回目のみ有効とし、4回目以降の投稿は無効とします。
  • ・投稿用紙で投稿する場合は、事務局まで郵送してください。FAX不可。
  •  
  • 〔送付先〕
  • 〒501―4608 岐阜県郡上市大和町牧912-1 
  • 古今伝授の里フィールドミュージアム内 
  • 「古今伝授の里短歌大会」事務局 


 ・投稿用紙のダウンロードはこちらからできます。


■ 投稿締切

  • 令和2年8月21日(金)当日消印有効

  • ※ 郡上市内の小中学生を対象としたジュニアの部の締切り令和2年9月4日(金)当日消印有効です。ジュニアの部の応募用紙は別にあります。


■ 投稿料  

  • ・投稿料は、投稿用紙1枚につき1,000円です。
  • ・1部門だけの場合も、投稿料は同額です。
  • ・投稿フォームから投稿される方は、投稿後1週間以内に、郵便局窓口にて次の口座に投稿料を払い込んでください。投稿料の払い込みが確認できないものは、投稿を無効とします。
  • ・投稿用紙をダウンロードして郵送で投稿される方は、郵便局窓口にて次の口座に投稿料を払い込み、払込取扱票受領証を投稿用紙に貼り付けたうえで、郵送してください。

  • ◎払込先口座
  • 口座記号番号 00800-1-214336
  • 加入者名   古今伝授の里短歌大会実行委員会

  • ◎郵便小為替または現金書留でも受付けます。切手は不可。



■ 選者(順不同)

  • 佐佐木幸綱氏(「心の花」主宰、古今伝授の里フィールドミュージアム名誉館長)
  • 内藤明氏(早稲田大学教授、「音」発行人)
  • 小塩卓哉氏(中部日本歌人会顧問)
  • 鈴木竹志氏(中部日本歌人会委員長)
  • 後藤左右吉氏(岐阜県歌人クラブ顧問)
  • 桐山五一氏(岐阜県歌人クラブ会長)


■ 賞

  • 大会大賞、特別賞、選者賞 他


■ 副賞

  • 大会大賞・特別賞の入賞者の方には、入賞歌を揮毫した色紙を贈呈します。このほか、副賞(商品券・宿泊券・特産品等いずれか1点)も贈呈します。


■ 発表

  • 令和2年10月25日(日)の大会にて発表
  • ※ 入賞者には事前に文書でお知らせします。
  • ※ 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、短歌大会が中止となった場合は、「入賞作品集」の送付をもって、発表にかえます。


■ 入賞作品集

  • 入賞作品集を刊行し、投稿者全員に配布します。入賞作品集には、投稿者の氏名・住所(市区町村まで)を掲載します。ペア短歌の作品は、投稿者ご本人はもちろん、相手の氏名と間柄も掲載します。


■ その他

投稿フォーム

・作品募集要項を読んだうえで投稿してください。特に「投稿時の注意事項」を今一度ご確認ください。
・必要事項を記入したら「この内容で投稿する」をクリックしてください。
・投稿料は、投稿から1週間以内に払い込んでください。郵便小為替または現金書留でお送りくださっても結構です。投稿料が確認できないものは、投稿は無効となります。
・1人あたり3回まで投稿できます。4回目以降は無効となります。
・募集要項の投稿用紙からも応募できます。 ◇募集要項はこちらからダウンロードできます





※作品投稿が完了した時点で自動返信メールを送信しております。
メールが届かない場合には、大変お手数ではございますがお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

お問い合わせは、下記お電話もしくはメールにて承ります。
メールアドレス: kokin@city.gujo.gifu.jp
TEL: 0575-88-3244 (9時~17時)
※営業時間外や休業日のメール受信につきましては、翌営業日に返信させていただきますのでご了承ください。
(ご返信にお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)

「古今伝授の里短歌大会」事務局、古今伝授の里フィールドミュージアム内